データを守るためにnasなどのシステム活用|心配ナシネット計画

 	オフィス

nasの適切な使い方

外付けhddが認識されないとお困りなら、一度こちらのサイトをご覧ください。改善させる事が出来るかもしれませんよ。

パソコン

nasとは、ネットワーク・アタッチド・ストレージ(Network Attached Storage)と呼ばれる英語の略で、ストレージの形式の一つである。通常のハードディスクドライブとは違ってパソコンに組み込むのではなく、ネットワーク上に存在するストレージにアクセスすることでデータの読み書きを行うのが特徴になっている。その一番のメリットといえるのが、ストレージのデータを複数人で共有する事が出来ることだろう。ファイルサーバーを簡易化したものだと考えても問題ない。 ファイルサーバーよりも簡易なもののため、機能などもシンプルな物が多いが、スペースと取らない上、価格も比較的安価であるため、少人数で使用するにはもってこいのシステムである。 同じ部屋内などでファイルを共有したい場合は、nasを検討してみるといいだろう。

nasは比較的安価に構築が可能である。 必要なものは、nasを構築するためのマシンと、中に搭載するハードディスクとなる。それぞれを購入する必要があるが、既にハードディスクが組み込まれている物もあるため、購入に迷った場合は、これを購入するのも良いだろう。 価格は2〜3万程度が平均的な価格域となっている。通信速度や機能、セキュリティ方法や容量などが上がれれば、それに合わせて価格も上がり、10万円以上のものも存在する。 自分がどの程度の規模で使用するのか、容量はどの程度あれば十分なのか、データのセキュリティはどこまで必要なのか。その辺りをしっかりと把握し、nasを選べば、快適なデータ共有を行う事ができるだろう。

Copyright (c) 2015 データを守るためにnasなどのシステム活用|心配ナシネット計画 all reserved.